LINK
車での事故は、己だけの自損事故と自分以外が巻き添えになった自動車事故がございます。自損事故の場面では自分だけで対応をすれば完了となりますが、他人を含めた自動車の事故はどちらにどのような落ち度が存在したのかをチェックしてそれにより自動車の修理のお金や示談金の額等が決められますので、保険会社の人を交えながらの話し合いが必要です。大部分の自動車事故状況でそれぞれにミスがあるケースが大多数で片方の手落ちが問われるというケースは少ないです。当然ながら赤信号で止まらなかったり、一時停止しなかったのような違反があって起こった事故ならかなり大きな手落ちになりますが、被害を受けた方にも間違いがあると言われます。車の事故の時にはどの車の間違いが原因で起きたのかという決着がとても大事になるので、その判断を数字で表したものが過失割合となります。一例として、赤信号で進んでしまった、一時停止しなかった場合ならば、法の規則上相手に10割手落ちがあるように思えますがもし事故の原因になった自動車が前の方からこちらに向かってきていて自分の目で確認された場合だと自動車の事故の被害者でも注意が足りないと1割りぐらいの手落ちがあると判断される時もあります。この状況では事故を起こした人が9割、事故に巻き込まれた方が1割過失の割合と判断されミスが大きいとそれなりのミスが問われる状況になります。もっといえばこの過失割合は前の自動車事故の判例を基準に決定する時が大いにあり日弁連交通事故相談センターから公にされている認定基準表のようなものが参考として使われます。この過失割合で、値が大きければ責任結果的に損害賠償額も大きくなると考えられるので、事故に関する話し合いは事故当事者だけでなく自動車保険の係りの方に加わってもらってきっちりと交渉することが必要不可欠です。