LINK
通常、任意保険とは強制保険になっている自賠責保険とは異なり自賠責保険の範囲では補えない補償をしてもらえる必須ともいえるものです。これは任意保険という保険は自賠責保険の上乗せ保険ということで働きますので、自賠責保険でまかなえる支払い限度額を上回ったときに機能します。また自賠責保険の中では物に対する損害に対しては補償を受けることができないので対物損害をカバーするためには加入しておくことが望ましいです。既に任意保険の保険料を納めている車を手放す際は日本の自動車や輸入車などことは例外なく残存金額が戻ってきます。これは日本の車についても同様です。自賠責保険の場合は、通常放っておくのが通例になっていますが任意保険の場合は誰でも入る保険ではありませんので、契約解除ということになります。さらに任意保険を中途解約した後は今現在 納付済みの残金が返還されるということになります。車の売却が成立したと言ってもすぐに任意保険の契約を解約するのはリスキーです。もちろんすぐさま契約解除すればその分戻ってくる額は増加しますがもしも中古車買取のお店が遠方にあり、自分で持っていくようなケースでは、保険なしで自動車の運転をする必要があります。万が一のことを考えてこの先自分が自動車の運転をしない状況になるまでは契約の解除はしないようにしましょう。自動車を引き取ってもらってすぐに他の車両を買うケースだったら構わないでしょうが、もし長い間車に乗らないような状態が継続して任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険に加入していない期間が存在する場合、以前入っていた時の保険の等級が下がるので、任意保険の保険料が増えることがあります。この状況は「中断証明書」という書類を発行してもらうようにしましょう。この「中断証明書」があることで最長で10年は解約前の等級を引き継ぐことができるのです。これは13ヶ月以内は出してもらうことが可能ですので、仮に今現在で車を売られていて「中断証明書」というものを提示してもらっていないのならば、その代理店にその旨を伝えるようにしましょう。もしあなたがまたクルマを買うことになって購入した後に前に乗っていた中古車を処分してもらうのならば、契約はどちらか一方のみとなります。契約し直しになるため運転をする予定のクルマでしたら処分の際までこのことを頭に入れておかなければなりません。そして任意保険は自動車車両次第で価格が多少違ってくるので、買取時は任意保険そのものを振り返るチャンスと考えられます。