LINK
書籍の広告、ゴシップ新聞、繁華街に見られる宣伝チラシや郵便広告で「負債の整理整頓任せなさい」「負債を一本化したくないですか」といったアピールを目に入れることがしばしばです。このようなものは、「整頓屋」「買取業者」「紹介業者」という名の悪徳会社のおとり広告のケースがあるということです。頼んだ際には破産プロセスの中で一番大切な免責承認を手に入れられなくなる恐れも存在します。「整頓人」の場合、ダイレクトメールなどで多重債務者を寄せ集め、高い費用を取り負債整頓をするのですが、本当は整頓は行われないまま、債務者は一層の負債スパイラルに陥る結末が大方と思われます。「買取屋」というのは、クレジットで、電化製品、電車の利用券をいっぱい購入させ当人からその商品を販売額の3割や額面半額で引き取るという手段です。依頼者はその瞬間は現金がもらえますがいつかクレジット業者からの購入物の支払い要求がきて、結局は負債額を上乗せする結果になります。このケースではクレジットカード企業に対しての犯罪ということで免責をもらえなくなります。「紹介屋」の場合は大企業の貸金業者から断られる負債人へ、ダイレクトな金貸しは一切せずに、貸出を可能な業者を紹介して、高い依頼料を取っている業種です。紹介業者は手の込んだ努力で金貸し可能となったかのように会話しますが実際は特に何もせずただ単に審査の通りやすい店を知っているだけです。この場合も結局は負債額を悪化させるだけです。